とび、土工事等は大木建設株式会社にお任せ下さい

大木建設株式会社

 


沿革
創立からの歩み


1981(昭和56年)
本社を練馬区春日町1丁目33番5号として大木建設株式会社を設立
資本金500万円
12月25日東京都知事許可〈般-56〉第62534号とび・土工工事業取得
事務所を杉並区南荻窪4丁目28番4号に置く
埼玉県新座市菅沢1丁目3番8号に資材置き場を置く

主な得意先は、清水建設㈱・大崎建設㈱・㈱黒川建設・三立工営㈱・他

1983(昭和58年)
第一建装㈱と取引を開始
事務所を杉並区高円寺5丁目7番2号に移転する
土木工事や躯体一式工事を手がける

1984(昭和59年)
建築の外構工事を本格的に受注する
大松建設㈱と取引を開始する
鴨川に親睦旅行

1985(昭和60年)
㈱栄工務店を通して㈱長谷川工務店と取引を開始する
横浜本牧で親睦底引き網と船上パーティー

1986(昭和61年)
創立5周年となる

1987(昭和62年)
6月に本社を練馬区光が丘3丁目8番9号602に移転する
本社移転に伴い事務所を埼玉県和光市白子2丁目1番4号に移転する
バブル景気に乗って工事受注・収益増となる
山梨へ親睦旅行

1988(昭和63年)
ハワイアンセンターに親睦旅行

1989(平成1年)
㈱長谷工コーポレーションと直接取引を開始する
五洋建設と取引を開始する
仙台に親睦旅行

1990(平成2年)
スターツ㈱と取引を開始する
千曲会に加入する
大木建設協力会を発足する
能登に親睦旅行

1991(平成3年)
本社を練馬区光が丘3丁目7番1号1812に移転する
資本金を2,000万円に増資変更
創立10周年記念式典を豊島園にて社員及び家族・協力会社の関係者及び家族を招いて開催する
初めての海外シンガポールへ親睦旅行

1992(平成4年)
西新井大師で安全祈願
平成不況が訪れる
四国に親睦旅行

1993(平成5年)
建栄会に加入する
西新井大師で安全祈願
九州に親睦旅行
房総に協力会の旅行

1994(平成6年)
西新井大師で安全祈願
成田山で㈱長谷工コーポレーション安全祈願
長谷工から安全優良業者表彰を受賞
沖縄に親睦旅行

1995(平成7年)
建設業許可を東京都知事許可(特-6)第62534号舗装工事業追加取得
草津に親睦旅行

1996(平成8年)
創立15周年になる
西新井大師にて安全祈願
大崎建設㈱から独立
熱海で協力会新年会
伊東に親睦旅行

1997(平成9年)
練馬区栄町10番8号へ本社移転
資本金を3,500万円に増資変更
日産建設㈱と取引を開始する
いわきに親睦旅行

1998(平成10年)
五洋建設㈱より安全優良事業者表彰を受賞する

1999(平成11年)
熊野神社にて安全祈願
㈱長谷工コーポレーション新再建計画を打ち出す

㈱朝日コーポレーションを設立し、
埼玉県和光市中央2丁目4番3号409に事務所を置く

主な得意先は、古久根建設㈱・多田建設㈱・不二建設㈱・他

2000(平成12年)
㈱長谷工コーポレーションから安全優良業者表彰を受賞する

2001(平成13年)
創立20周年となる

2002(平成14年)
日産建設㈱が倒産する

2003(平成15年)
古久根建設㈱が倒産する

2004(平成16年)
㈱朝日コーポレーションの営業を一時休止する
㈱朝日コーポレーションの得意先(古久根建設㈱・不二建設㈱・多田建設㈱・他)を引き継いで窓口を増やす
建翔会に加入する
幸友会に加入する
㈱長谷工コーポレーションから安全優良業者表彰を受賞する

2005(平成17年)
多睦会に加入する

2006(平成18年)
創立25周年を迎える
創立25周年記念時計を関係者に贈呈する(250個)
池袋の聘珍樓において創業者大木一司御夫妻を慰労して25周年記念祝賀会を開催する
多田建設㈱から安全優良業者表彰を受賞する
北海道に親睦旅行

ページトップへ戻る